資格・講座

「スキルアップ」に「子育て準備」!プロママに学ぶ、充実した妊娠中におすすめの資格10選!

LINEで送る
Pocket

日頃キャリアウーマンとしてバリバリと働いている女性も、専業主婦としてお家のことをテキパキと頑張っている女性も、妊娠をしたとなれば……お家で安静に過ごす日々が続くことでしょう。そして、お産が終わると体力的にはもちろん、なかなか自分の時間を作るということ自体が難しくなるのは、想像にたやすいことですね。

そうなると、出産前の自分の時間を有意義に使いたい、妊娠中でもできることを見つけてその期間を充実させたい、と皆さんが思われるのも当然のことかと思います。

693508274a78094d448b31cb456885bd_s

そこで、そうした自分の時間使ってできること、例えばスキルアップであったり、何かの資格取得であったりを行う人が今、増えてきています。とはいえ、つわりがひどいこともあるかと思いますし、絶対安静にという人もいるかと思いますから、体調の管理を第一にはしつつ、それでも余裕がある人へのおすすめの資格などをご紹介しましょう。

 

妊娠中の時間を有効に使うには?

MH40-2

出産をしてしまえば、体力なども一時的には落ちることが多いですし、それが回復してからは、生まれた赤ちゃんのお世話に追われる毎日になることは間違いありません。目を離している時に何があったらと思うと、ついついつきっきりにもなり、何か自分のことへ時間を割くというのはかなり難しいこととなるはずです。

そのため、妊娠中の時間こそうまく活用して、その後の育児にも通じるような資格の勉強をするのが、プロママと言われています。

 

妊娠中におすすめの資格10選

やはり自分の赤ちゃんも生まれてくるわけですから、一番のおすすめは子育て、育児に関係のある資格が良いかと思います。

1.ベビーマッサージ

生後3ヶ月くらいの赤ちゃんの全身をマッサージしてあげるベビーマッサージの資格。赤ちゃんのうちから肩凝りに悩まされているわけではないと思いますが、赤ちゃんとママの肌が触れ合いスキンシップがとれ、母子共に心身のリラックス効果が期待できるのです。自分の赤ちゃんにしてあげられるのはもちろん、赤ちゃんの成長過程についても学べ、ゆくゆくは自宅でスクールなども資格を取得しておけば開けるのでおすすめです。

2.チャイルドマインダー

0〜12歳の子供を対象として、自宅で子供を預かる保育ママのための資格です。イギリスでは70年以上の歴史がある資格で、イギリスの子育て家庭の71%が利用しているくらいの普及率を誇ります。年齢によって1〜最大でも4名までしか面倒を見られないと厳しく決められていることもあり、キメの細かい対応が魅力です。資格取得するとなると、救急対応なども学ぶことになるので、自分の子供にも活かせるかと思います。

3.ベビーサイン講師

ベビーサインというのは、手話や身振り手振りで赤ちゃんたちとコミュニケーションを図る育児法です。ベビーサインを赤ちゃんと実践することによって、赤ちゃんは自分からジェスチャーをするようになるので、言葉の覚えはもちろん、自尊心の芽生えやコミュニケーション能力の高まりが早くなると言われています。資格取得後は、自分の子供へだけでなく自宅でスクールを開くのも可能です。

 

4.ファーストサインセラピスト

ファーストサインは、赤ちゃんに施すベビーマッサージの次段階にあたる、ジェスチャーを用いたコミュニケーションをとる育児法です。

視覚的なところから言語感覚を育むことができるようになります。ベビーマッサージからの派生として、資格取得をしてみても良いと思います。

5.ファーストトークセラピスト

ファーストトークはしっかりと言葉・言語を使ってのコミュニケーションのことを言います。ファーストサインの次段階として、まだ感情をうまく言葉に変換できない赤ちゃんとのコミュニケーションを、絵本や歌などを使ってとっていくことで、スムーズな親子間の気持ちのやりとりができるようになるでしょう。

6.ベビースキンケアセラピスト

ベビースキンケアは、ベビーマッサージでは学べない、赤ちゃんの肌と大人の肌の違いを学び、正しいスキンケアを施してあげられるようになるものです。こちらの資格を取得すれば、インターネット上の知識や、思い込みによる間違ったスキンケアで、知らず知らずのうちに赤ちゃんの肌を傷付けてしまうことは無くなるでしょう。

 

7.ベビーヨガインストラクター

ベビーヨガは、赤ちゃんの体や心の調子をママの手を使って感じつつ、セルフケアするプログラムです。赤ちゃんの血行を良くすることや、それによる便秘の解消、またバランス感覚を養うこともできますし、精神的な安定も与えられます。また、産後で心身共にリラックスが必要なママの方にも、良い影響があります。

8.マザーリトミックインストラクター

マザーリトミックは、赤ちゃんがママのお腹の中にいる頃から、様々な音を感じていることをうけて、赤ちゃんのその長い先の一生を、音楽と共に楽しく豊かに歩めるよう考えられたプログラムです。幼少期から音楽やリズムに触れておくことで、そうした感覚は自然に養われていくことでしょう。

9.キッズ・アートワークセラピスト

アートを使ったセラピーは一般的な心理カウンセリングでも用いられる手法で、アートが持つセラピー効果を使いながら、自己表現の仕方を学ぶものです。資格を取得すれば、無限の可能性がある赤ちゃんという存在に、アートというツールを教えてあげられ、その可能性をさらに引き出してあげられることでしょう。

10.認定子育てアドバイザー

赤ちゃんの頃はもちろん、思春期の子どもまでの子育てに関して悩む親へアドバイスできるようになるのがこの資格です。誰にも相談できず悩む親や、虐待、過干渉といった様々な問題に悩む親の話を聞いて、それぞれにベストなアドバイスをすることは、自分の子育てにも活かすことができるでしょう。行政や企業、多くの場所での講演なども、資格を取得すれば可能になります。

 

こうしてみると世の中には多くの赤ちゃんとママのための資格があり、多くの愛がそこには溢れています。せっかく尊い命を授かったのですから、より良い子育てを自分が行うのはもちろん、そのノウハウを誰かに伝えてあげるためにも、時間のある妊娠中に資格取得へチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

LINEで送る
Pocket

前の記事

フェイクスイーツの資格が取れる教室に行きたい!本物みたいなデコスイーツをプロから学ぼう!

次の記事

今美容業界で注目の資格・通信講座10選!