資格・講座

独学でも取得可能!人気のパーソナルカラー資格とは?

LINEで送る
Pocket

この世の中にはそれこそ、十人十色といった言葉では表せないくらいの人数の人がいて個性も持っています。そしてそんな多くの人々それぞれの、肌の色、眼の色、髪の色、唇の色、頬の色……何もかもが違いますよね。

そんなそれぞれ千差万別といった具合の私たちが固有に持つ、それぞれの色。今回はそうした一人一人の色というところにスポットを当てて、お話をしていこうかと思います。

 

パーソナルカラーって?

MH38-1

パーソナルカラーというのは、先ほども少しふれたように……その人の生まれ持った肌の色・髪の色・瞳の色・頬の色・唇の色などと、雰囲気が調和する色、つまりはその人本来の色に対応して個性を引き出して魅力を最大限に発揮させる、いわゆる似合う色のことを指します。

人それぞれに個性があるように、パーソナルカラーもそれぞれ細かく合うものがあり、自分に合うパーソナルカラーを把握することによって、自分をますます美しく健康に見せることができます。それだけでなく、TPOに合わせて真面目でしっかりとした雰囲気を作ったり、清潔感のある好印象な雰囲気といったものを意図的に作り出したりすることも、不可能ではありません。

さらにパーソナルカラーは、この人にはレッドが似合いプルーは似合わない、でもピンクが一番似合う……といった色みの相性をみるものではなく、ピンクならピンクといった色の中で、ピーチピンクやサーモンピンク、フューシャピンクにベビーピンクにローズピンクといったバリエーションの中から、どういった色味のものがその人に一番合い、顔が綺麗に映えるのかということを検討するわけです。

 

パーソナルカラーを学ぶとどう活かせるの?

MH38-2

自分のパーソナルカラーを学ぶと、トータルバランスとして、自身のパーソナルカラーでコーディネートができるようになり、全体的な色彩を調和させることができ、視覚的な好感度が上がり、好印象を与えることができるようになります。さらにそのようにパーソナルカラーをうまく利用すれば、縦ラインが強調されることによる着痩せ効果をも狙えます。では、より具体的にみていきましょう。例えば肌の表面や肌トラブルに関してみればパーソナルカラーを合わせられていれば艶やかで滑らかに見えシワも隠れるものの、NGカラーを合わせていた場合はクマやシミやシワが目立ってしまいます。

肌色に関してもパーソナルカラーを合わせられていれば、明るく健康的に見えるものの、NGカラーを合わせていた場合は黄色くくすんで見えたり、青白く不健康に見えたりしてしまいます。

フェイスラインに関しても、パーソナルカラーを合わせられていれば、スッキリと引き締まって見えるものの、NGカラーを合わせていた場合は、膨張して丸く見えてしまいます。

顔の立体感に関してもパーソナルカラーを合わせられていれば、奥行きが出るため立体感が出て小顔効果があるものの、NGカラーを合わせていた場合は、のっぺりと平坦な顔立ちに見えてしまいます。

目の周りに関してもマイナスなことは無いものの、パーソナルカラーを合わせられていれば、まつげが長く見えたりアイフレームが強調されたり、黒目と白目のコントラストがくっきりとついたりと良いことだらけです。

そしてこうしたパーソナルカラーを学べば、自分のものを知るだけでなく、今度は人のパーソナルカラーを診断してあげることもできるようになります。そうなればカラーリストとして、お客さんの魅力を最大限に引き出してあげられる色を、日々診断を重ねながらアドバイスをしていくことが仕事となっていくわけです。

 

独学でも習得可能?勉強方法は?

確かにパーソナルカラーの理論だけを学ぶのであれば、今は通信講座もたくさん用意されているため、独学でも習得は可能かと思われます。

しかし、パーソナルカラーはドレープによる診断ができてこそ、意味があるものなので、理論だけでは全く何の役にも立たないでしょう。

そのドレープも専門的なものになればなるほど、非常に高価なものになり、なかなかプロフェッショナルで無い限りすぐ用意できるものではないため学習段階での個人所有は考えられません。

そして何よりもパーソナルカラー診断において大切なことは、たくさんの人のパーソナルカラーを直接診断する経験であります。その人その人一人一人に合う色を、雰囲気を、感じて選んでいくという色感トレーニングを重ねて経験値をためていかなければなりませんから、教室に通い、周囲と見比べながらプロのアドバイスをもらいつつ、じっくり学んでいくのが一番良いでしょう。

 

原則的にパーソナルカラーは一人一人が生まれ持ったものであるため、一生のうちに変わることはほとんどありません。しかし、パーソナルカラーを学び、自らのパーソナルカラーを把握しておけば、そのパーソナルカラーを使って自分を明るく見せたり、真面目に見せたりと、自分の人生はどんどんより良い方向へと変えて行けるのではないでしょうか。

 

色のことを理解すると人生の彩りも豊かになるとは、よくできたものです。

LINEで送る
Pocket

前の記事

専業主婦の再就職に本当に役立つ資格とは?旦那様も納得の役立つおすすめ資格を見つけよう!

次の記事

きれいな字を書くコツはこれ!美文字を手に入れる講座・教室おすすめ10選!