資格・講座

在宅ワークも可能な校正の資格を通信講座でゲット!自宅で再就職したい主婦必見!

LINEで送る
Pocket

主婦から仕事を探すときに、再就職するのは大変ですよね。そんな方におすすめできるのが、校正のスキルを身につけることです。在宅ワークも可能な校正スキルが身につく資格をご紹介していきます。

 

主婦から仕事復帰するのは大変……

MH12-2

結婚や出産を機に、今までの仕事を離れ専業主婦となる女性の方は多くいることでしょう。しかし、子育てがひと段落したのでまた仕事を始めようかな……などと思っても、しばらく社会から離れた生活を送っていると、なかなかその一歩が踏み出せないということもあるのではないでしょうか。また子育てがひと段落といっても、子どもがまだあまり大きくなく、長時間家を空けることが不可能であったり、子供の事情に合わせてやむを得ず仕事を休まねばならないという状況があったり、毎日長時間決まった時間に出勤しなければならない、というのは厳しいというケースも多いと思います。

そこで今回は、家の中で作業できる、いわゆる在宅ワークについてご紹介します。

 

在宅ワークの種類と給与

 

6819e4cf234b781e1edc6de9c32a472f_s

皆さんの中には、在宅ワークと聞いて「内職」を思い浮かべる方も多くいる事でしょう。しかし、実は在宅ワークと内職は、似ているようで異なる仕事なのです。

まず、内職とは、主に手作業で部品の組み立てやアクセサリー作り、裁縫や刺繍、編み物などをする仕事です。「家内労働法」によって労働者は保護されます。給与は「工賃」と呼ばれ、1か月以内に支払われるのが原則となっています。

それに対して在宅ワークとは、主にパソコンを用いて行う作業が多い仕事です。作業の種類は様々であり、専門知識が必要なものとそうでないものがあります。たとえば、データ入力やHP作り、テープ起こしや記事作成、また翻訳や添削といったものがあります。

給与は「報酬」と呼ばれ、成果に応じて支払われます。当然たくさん仕事をすれば報酬は増え、収入も上がるのですが、不定期に休みが必要になってくる場合など、フレキシブルに対応できるのが良い点です。また、仕事に慣れ、効率よく仕事ができるようになれば、時間当たりの収入というのは当然上がってくるため、自分の実力次第ではどんどん収入を増やすことができるという魅力があります。しかし、完成した成果に対する報酬の請求書を発注元に送ってから支払われるため、内職と比べると、1か月以内に必ず支払われるというようなかたちではありません。

 

在宅ワークも出来る校正の資格をとろう!

 

82728ee33c7b10e924d11fa4cf792bf6_s

在宅ワークを始めてみたい! と思っても、パソコンの知識が豊富でないとできないのでは……などという印象をお持ちの方もいるでしょう。効率よく仕事をするにはある程度の知識は必要になってきます。そこで、比較的簡単に新たに資格を取得でき、在宅ワークの選択肢を広げるという方法をご提案します!

皆さんは、校正という言葉をご存じですか? 校正とは、簡単に言えば印刷物の誤字や脱字といったミスを発見し修正することです。しかし、それだけの仕事のために資格が必要なの? と疑問におもわれる方もいるでしょう。実は、校正の仕事には日本語の知識はさることながら、印刷物に関する正しい知識というのは当然必要となってくるので、きちんと勉強しようと思うと奥深いものなのです。

では、校正の勉強を始めてみよう! と実際思っても、何から手をつけたらいいのか分からないかもしれません。そんな時には、自宅で構成を学ぶことの出来る通信講座がオススメです。そこで、2つの校正通信講座をご紹介します。

①日本エディタースクール 通信講座 校正コース

受講期間:8か月(延長+4か月)

料金:49,360円(一括)

ポイント:問題演習により培った技術を、豊富な実習により身につけられるそうです。また、コースを修了すると校正技能検定〈初級〉が認定されるほか、校正技能検定〈中級〉試験の受験資を得る事もできるため、さらなるキャリアアップのモチベーションにつながるのではないでしょうか。

②実務教育研究所 校正実務講座

受講期間:6か月(延長+4か月)

料金:45,400円(一括)

ポイント:基礎から実践まで身につけられるよう、実例と演習による分かりやすいカリキュラムとなっているようです。また、添削課題を提出することで、自身の理解度やつまずきを発見することが出来るため、より効率よく学習できます。

 

では、実際に資格を習得した後、どのくらい稼ぐことができるのでしょうか。それは内容によって大きく異なってくるのですが、1ページあたり5円から200円くらいが相場であると言われています。当然文字数や専門的な内容であるかどうかなどによって、単価は異なります。はじめは単価にこだわらず簡単な仕事からはじめ、徐々にレベルを上げていくことがおすすめでしょう。

文章校正で単価が高い仕事というのは医学書や学術書など、専門用語が多く、その分野についての知識が全くないと難しいものが多いです。専門用語をしっかりと理解したうえで、使い方の誤りなどを正す技術が必要になってくるので単価が1ページあたり200円を超えることもあります。

そのため、自分がかつて仕事していた分野や、学生時代に学んだ内容に関する文章の校正から始めると効率よく収入を得ることができるのではないでしょうか。

 

このように、パートや内職といった仕事ももちろんですが、社会復帰を考える際にはぜひ、自身のキャリアアップのためにも校正の資格を取得して在宅ワークを行ってみることを検討してみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

前の記事

介護事務ってどんな仕事?就職に役立つ人気講座をリサーチ!

次の記事

リラクゼーションセラピスト1級2級資格って?スクールもご紹介!