資格・講座

簿記1級に最短で合格するために!通信講座・通学・独学比較であなたにぴったりの合格法を見つけよう!

LINEで送る
Pocket

簿記を学ぶことにより、自社の経済状況のみならず取引先の状況も理解できるため、簿記とは経理担当者だけでなくすべてのビジネスマン、また職探しをしている方にとっても非常に便利ものですね! 今回は、もっとも難易度の高い1級についてご紹介します。

 

簿記1級はハードルが高い

MH11-2

商工会議所が実施している日商簿記検定は1級から4級の4段階に分かれています。では、簿記1級の難易度がどの程度かご存じですか? 一般的に、1級は税理士や公認会計士といった国家資格への登竜門と言われています。また、1級に合格することで、税理士になるための試験を受けることができます。

難易度については、1級は以下のように公表されています。

_____________________________________

大学で専門に学ぶ程度の商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算を修得し、財務諸表規則や企業会計に関する法規をふまえて、経営管理や経営分析ができる。

______________________________________

引用元:http://www.kentei.ne.jp/bookkeeping/class1

それだけ聞いてもなかなかイメージがわからないかもしれませんが、簿記1級の合格率がなんと10%前後であると聞けばなんとなく難しさが分かるかもしれませんね。

ちなみに1級の試験内容は、商業簿記(購買・販売活動といった取引を記録および計算し、経営管理者や取引先、出資者等の関係者に対して、適切で正確な決算書作成を行う技能)・会計学が90分、工業簿記(企業内部における部門・製品別の資源投入を記録および計算する技能)・原価計算が90分の合計180分にわたるものです。合格基準は70%以上の正答ですが、1科目ごとの得点が40%以上に達していることも条件のひとつです。

 

通信講座と独学はどんな違いがあるの?

簿記の勉強方法は色々あります。スクールに通い授業を受けるという方法もありますが、本業が学生や社会人である場合は、なかなか時間の都合が悪く効率的に学習できないかもしれません。そこで今回は、通信講座と独学による勉強法を比較してみましょう。

①通信講座

通信講座のメリットは何よりも、自分のライフスタイルに合わせて学習することができるため、より効率のよい学習が期待できることにあるでしょう。DVD視聴、オンライン授業、教材による学習というようにその学び方も様々なので、時間を有効に活用できそうですね。また、質問や添削といったサポートが充実している通信講座も多いため、一人で学んでいても大きな不安を抱えずにすむというメリットもあります。種類がたくさんあるので、自分に合っていそうな内容や料金、サービスのものを選ぶことができます。

 

②独学

簿記検定のための様々な教材は、書店やインターネットで簡単に集めることができます。勉強の流れとしては、まず簿記についての知識をつけるための教科書、演習のための問題集、そして過去問を買います。基本的にはこの3つのものがあればよいでしょう。得た知識を演習で試し、それを反復することで知識をしっかりつけます。さらに学習の総仕上げとして過去問演習を行うことで、時間配分や問題を解く順番といったより実践的な対策を行い本番に臨む、といった方法が望ましいでしょう。必要最低限の教材で勉強を進めることができるため非常に低コストですね。しかし、「財務担当者に必須の基本簿記」と公表されている3級までであればこの方法で対応できるかもしれませんが、2級以上を独学で取得するのはなかなか難しそうです。

 

 

中には独学という強者も……

MH32-2

画像出典:http://www.misaki.rdy.jp/illust/child/gakkou/juken/sozaitext/103.htm¥

 

簿記1級の合格は決して容易でないことがお分かりいただけたかと思いますが、スクールや通信講座に頼ることなく独学で合格を掴むという方もいないことはありません。まず、独学で合格しようと思ったらまずは学習の計画をきちんと立てることが大切です。これをおろそかにすると、試験本番までに学習が間に合わなかったり、学習のモチベーションを保ち続けることができなかったり……とつまずく点を増やしてしまうことに繋がりかねないので、とても重要なことです。

実は、1級は2級と比べるとかなり試験範囲が広がるため、すべての項目を網羅しようと思ってもなかなか時間が足りないということもあります。そこで出題傾向をチェックすることから始めてみましょう。簿記1級では、前回の試験で正答者が少なかった問題を、次回の試験でも再度出題するということがあります。勉強範囲をある程度絞ったうえで学習をスタートさせましょう。

また、各種資格スクールが開催している統一模試を受験しておくことで、自分の学力を客観的に確認することができるのでこちらもおすすめです。

 

いかがでしたか。いきなり簿記1級合格を目指して勉強を始める! というのは難しいかもしれませんが、まずは2級や3級に合格するだけでも自身のキャリアアップにつながることでしょう。

LINEで送る
Pocket

前の記事

大好きなパンを仕事に!パン作りのプロになる通信講座・教室おすすめ5選!

次の記事

ニーズ急上昇中の人気資格!福祉住環境コーディネーターの資格が取れる通信講座おすすめ3選!