資格・講座

きれいな字を書くコツはこれ!美文字を手に入れる講座・教室おすすめ10選!

LINEで送る
Pocket

その人のことを、時にはその人以上に表すとも言われている手書きの字。上手い、下手、きれい、汚い、味のある、個性的な……書く人が違えば、同じ字であってもそれだけバリエーションも違ってくるというくらい、個人差があるものでもある。

今でこそ、パソコンや携帯電話、スマートフォンにタブレットといった情報機器の発達のおかげで、大人になってしまえば、わざわざペンを持って多くの字を書く機会は減ったかもしれない。とはいえ、どうしても簡単なメモ書きや、大切な人への手紙といった形をとる時には、ペンを走らせる必要性が出てくる。そんな時には読みにくい汚い字よりも、せっかくならばスマートにきれいな字を書きたいものである。

そんな、まだまだ日常でも書くことの多い字を、少しでも綺麗にするためにはどんな方法があるのだろうか。

 

綺麗な字って難しい……

 

7a7df09cda0b747597a651d72cb88fe7_s

例えば自分の名前。日々の暮らしでは、パソコンや携帯電話、スマートフォンにタブレットといったデジタルな機器での入力ばかりになっていたとしても、自分の名前くらいは書くシーンが、まだあるのではないだろうか。とはいえ、日頃ペンを持っていないせいで感覚を失っていたり、また特にその書くシーンが人前であったり、慣れていないペンやその他の筆記具であった場合は、自分の名前ですらきれいに書けないこともしばしば。

また、そうしたシチュエーションでなくとも、もともとあまりきれいじゃなく、字を書くのって難しいと思っている人も多いかと思われる。

でも、実はそれは全て個性であり、正解は無いのである。ただ字を書くのが下手、汚い、苦手だ……という人は、自分の中の理想的なお手本と比べて、実際の自分の字はバランスが悪かったり、形のクセが強かったりというところを気にしているのだ。そのため、裏を返せば問題点も既に明確になっているとも言える。すなわちその、気になってしまっているバランスの悪さや、形のクセなどを修正していくことができれば、自分の理想的なお手本の字に近付くことができるというわけである。

 

美文字のために、まずはこれを意識してみよう

MH37-2

字を書くには色々なコツがあるものの、いきなり難しいことは無理! という方もいるだろうから、簡単にすぐ実践できるようなちょっとしたコツを、まずお伝えしようと思う。

そのコツとは、とっても基礎的なことながら、一本一本の線をゆっくりと最後まで丁寧に書く、ということなのである。

たいがいの字が崩れてしまっている要因として考えられるのが、急いでいて筆の運びに任せて何の意思もなく、一本一本の線をササッと書いてしまい、字を書くことへの丁寧さがおろそかになっているというところが多い。それに追加して、自分はどうせ字が下手だからという先入観や諦めといったものも持っていると、意外とそれも字に出てしまうため、余計にバランスが悪くなってしまう。そして、それを繰り返していれば、悪い状態の練習を繰り返していることになってしまうため、悪循環になるだけである。

一本一本をゆっくり丁寧に最後まで、書く字全体のことに思いをめぐらせながら筆順を守って書けば、少し余所行きの正々堂々した字にもなるというものだ。

 

おすすめの美文字講座・教室10選

最後にきれいな字を身につけるための、おすすめの講座や教室を紹介しようと思う。自分で気を付けるだけでなく、メソッドに則って、プロに指導を受ければこれまた短期間での上達の可能性があるからである。

①ユーキャンの実用ボールペン字講座

一日20分で良いという手軽さが好評で、これまで186万人が受講するというロングランな人気講座。赤ペンで添削をしっかり入れてもらえるのもポイント。

②四谷学院の55段階ボールペン字講座

四谷学院の看板ともなっている独自の55段階学習システムを採用しているため、小さなステップをクリアする達成感の繰り返しで気付けば美文字になっているという仕組みである。

 

③ヒューマンアカデミー文化ペン字講座

この講座は、受講することによって自動的に文化ペン字学会の永久会員となれ、自分が納得のいくまでいくらでも学習することができる。また、文化ペン字学会の実力検定試験で自分を試すことも可能である。

④日ペンボールペン習字講座

100万人を超える受講者がおり、伝統と実績のある講座である。80年に渡る指導実績のから積み重ねられてきたそのノウハウは、他社ではなかなか真似のできないものである。

 

⑤東京書道教育会すらすらボールペン字講座

ペン字はもちろんのこと、書道の指導も長くおこなってきている東京書道教育会の講座であるため、専門的な知識を得ることが可能。講座修了後にはその先のステップとして、ペン字師範過程といった新しいものも用意されているため、さらに突き詰めることも可能である。

⑥パイロットペン習字通信講座

カリキュラムが硬筆書写検定の内容に準拠したものとなっていて、内容が濃い。また文化活動の一環として行われているため、基本的な受講料が低価格なのも魅力の一つである。

 

⑦草心書道会

こちらの教室は、東京駅や日本橋駅から5分という都心にあり交通のアクセスが良く、手ぶらで通える手軽さもあるため、仕事終わりなどでも学ぶことができる。本格的な書道からボールペン習字までコースもあるため、目的に合わせて選ぶと良いだろう。

⑧東京書芸学園

こちらの教室は、もうすぐ100周年という伝統の中で、目標となるように独自の級や段の設定があり、楷書から簡単に始められる。また穏やかな雰囲気の授業の中で、わからないところがあればすぐ講師陣に直接質問をして指導を仰げるところが魅力である。

 

⑨書家・太田真采世の書道教室真鈴社

テレビなどでも活躍する太田真采世さんが代表をつとめる書道・ペン字スクール。6〜8人での少人数指導で、今まで挫折してきてしまったような人にも丁寧に教えてくれるのが特徴である。

⑩NHK学園本校

最後にご紹介するのは、NHKが設立した学園であり、生涯学習を行える場としても活用されている。自宅にいながら、専任の講師と添削講師といったマンツーマンを超えた指導体制を受けられ、複数の目からアドバイスをもらえる。また講師からの直接スクーリングの機会もあり、通信と教室の良いとこ取りが可能かとも思われる。

 

字というものは、どうしても人に見られるシーンが来るもの。もしも今、自分の書く字に少しでも自信がないのであれば、新しい自分の字に出会うため、一歩踏み出してみるのも良いのではないか。

LINEで送る
Pocket

前の記事

独学でも取得可能!人気のパーソナルカラー資格とは?

次の記事

翻訳の仕事がしたい!話題のDHC通信講座で英語翻訳の夢に一歩近づこう!