資格・講座

手芸の通信講座で「好き」を仕事にする方法!資格取得で「先生」を目指そう!

LINEで送る
Pocket

皆さんはさまざまな趣味をお持ちになられていると思いますが、そんな趣味が仕事になるってとても素敵なことだと思いませんか? 皆さんも「好き」を仕事にしてみてはいかがでしょうか? いろいろな趣味の中でも今回は手芸に注目してみます!

 

手芸の先生って資格があるって知っていた?

 

82ead2712045c081a9decbb930eec521_s

皆さんも小中学校に通っていたころに家庭科の授業などで一度はやったこともある小物やぬいぐるみ作り、そんな手芸の「先生」の資格があるのを皆さんはご存知でしょうか? もしかしたら皆さんのご自宅の近くにも手芸教室があるかもしれませんが、そこの教室は講師資格を持っているでしょうか?

医者や弁護士などの国家資格とは違いますが、民間資格として手芸に関するさまざまな講師資格が存在します。例えば公益財団法人日本手芸協会発行の「棒針編み講師認定証」や「かぎ針編み講師認定証」などがあります。講師資格を取ることができれば手芸の先生として活躍することができます。このように、手芸にも講師資格があります。単なる趣味で終わらせるのではなく、皆さんも好きなことで仕事をしてお金を稼いでみませんか?

 

「先生」として働くには?

 

MH11-3

手芸の「先生」として働くには、結論から言えば法律上は取らなければならない講師資格はありません。講師資格を取らずに自分の腕やセンスで手芸を教えて活躍している講師もいます。ですが、いざ初めて自分の教室を開くにあたって生徒がいない!

なんてことになったら大変ですよね? 講師資格を持っていなくとも活躍している方は昔から教室を開いている方やもともとデザイン業界で評判があった方がほとんどです。ですから、そういった人のように講師初心者が生徒を集めるには肩書きが必要になります。さまざまな講師資格の肩書きは受講しようとしている人や生徒に対しての信頼度に密接に関わってきます。お金を払って受講するわけですから正しい知識や技術を習得したいと思うのは当然ですよね?

また、講師資格は自分の授業の自信にもつながります。他人からお金をもらって授業をする以上、正しい知識を教える責任があります。しかし、そういったプレッシャーも講師資格を持つことで協会独自のカリキュラムを指導することができるので気にすることはありません。手芸のさまざまな講師資格はあくまでも必須資格ではありませんが、仕事として手芸を選ぶにあたってある意味では必要不可欠と言えるでしょう。

また、学校やカルチャーセンター、福祉施設等に協会から推薦状の発行を受けることができるため、わざわざ教室を開かなくとも地域の手芸の先生としても活躍することが可能なので、常に教室で働くことが難しいけれどもやりたいには教えたい! という人はなおさら講師資格を取得することをおすすめします!

 

おすすめの通信講座

 

MH2-1

さて、手芸の資格を取りたいけどわざわざ遠い教室まで通いたくない、子育てで忙しい、という方もいらっしゃると思います。そんな方には通信講座を受講することをおすすめします! 特に手芸の講師資格の通信講座は日本ヴォーグ社がおすすめです。

例えば、日本ヴォーグ社が提供する棒針編み講師認定講座はテキストだけでなく、DVD映像で技術を学べるところや、メジャーや定規、製図用紙など編み物に必要なセットも届くのでわざわざ自前でそろえる必要がありません。また、最大で8回の専門家による添削、質問も無料で受けられ、1度だけですが公益財団法人日本手芸普及協会所属の教室で直接指導も受けることができます。かぎ針講師認定講座も同様のサービスを受けられます。もちろん、これら二つのコースは添削課題をすべて提出し、一回のスクーリングを終えることができれば、公益財団法人日本手芸普及協会発行の「棒針編み講師認定証」「かぎ針編み講師認定証」をそれぞれ取得することができます。

また、クロッシェカフェ通信講座のアクセサリーコースというものもあります。

もちろん日本ヴォーグ社と同様、教材で学んだあと、課題作品を作成・提出し、審査に合格することができれば認定証を取得して認定講師として活動することができます。

以上のように、手芸にも講師資格の通信講座があるので、忙しい方も是非自宅で資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

 

さまざまな資格がありますが、どの資格を取ろうか迷っている方はまずは自分の好きな趣味の資格を探してみてはいかがでしょうか? 好きなことを仕事にして楽しくお金を稼いで充実した人生を送りましょう!

LINEで送る
Pocket

前の記事

スクラップブッキングの通信講座で、大切な思い出を美しく残そう!プロの技が修得できるおすすめ講座

次の記事

ケアマネの気になる収入・需要の現状は?人気資格の求人や将来性を徹底調査!